So-net無料ブログ作成
2008100400.JPG
二流観光地 ブログトップ
前の10件 | -

特報!! ドラゴンボール発見!! [二流観光地]

特報.JPG


マジっスか?
「ドラゴンボール発見」とな!
世の中の「DBファン」や「マイナリスト」が喜びそうなネタではないですか?

と、いうことで早速ドライブです。(家族サービスです)

場所は、宮崎でもかなり観光地化された「日向岬」の付近で、大御神社内です。
日向のお伊勢さまかぁ~ 初めて知ったヨ~ みんなに紹介しよう~

大御神社.JPG

境内の奥のほうに、




ありました!



古代版のドラゴンボール!


でけ!


ナメック星のVer.より大きいのでは?

今日のネタ1号

ドラゴンボール現実版.JPG

でも、1っ個だけ・・・
DBを語るなら7つは欲しい・・・・

竜神伝説を語る上では重要なアイテムだったらしいし
国家にもでてくる「さざれ石」(初めて見たワ!)



この大御神社から300M程で
さらなるパワースポットがあります!(まったくマイナーだなぁ~)

今日のネタ2号

秘密の神社.JPG

鳥居がミニチュアっぽく見えるけど、いたって普通サイズです。



その神社から海をみると

蜃気楼

浮き島です

今日のネタ3号

蜃気楼.JPG

日を狙ったわけではありませんが・・・

偶然にみごとに浮いています!

見れてラッキーかも・・・

蜃気楼2.JPG

さらに、隣接されているのは、日知屋城の跡地

城? 海賊の砦じゃないのか?

海もキレイだし、いい散歩コースにもなります。

日向の海.JPG

じつは、空爆の跡があるらいかったのだが、見つけられなかったヨ



少し、車で移動して日向岬「馬ヶ背」です。

馬ヶ背2.JPG

ここまで着たら、子供にみせとかないとねぇ
(宮崎では、メジャーな観光地です。)
馬ヶ背.JPG



今日のネタ4号

特攻隊2.JPG特攻隊1.JPG

この前、宮崎のTVで藤岡弘氏がココを紹介していたのだ・・・

多くは語るまい・・・



今日のネタ5号

幕末の影響がココ「日向岬」でもあったらしい・・・

黒田藩士の墓.JPG黒田藩士の墓2.JPG

いまじゃ、釣りとダイバーのスポット以外の特筆はなさそうだが・・・・



今日のネタ6号

なにやら、頭上がうるさい?

弱腰な「ピーヒョロロ・・・・」



とんびが、カラスにいじめられてる!
(領空侵犯ってやつか?)

なわばり2.jpgなわばり1.jpgなわばり3.jpg

とんびが退散・・・終了・・・



今日のネタ7号

野鳥のことは、よくわからないが?

足元をウロウロしていたので写してみた

この子の名前は.jpg


今日のネタ ラスト

これも初めて見た!

グーグル.JPG

こんな機械で、町並みを撮影しているのね・・・

けっこう人力ではないですか!

 


今日は雨のハズが・・・(5/11) [二流観光地]

タイトル?

1.放置プレイのアレを観に行きました。

2.90%のおっさんをしに行きました。

3.再接近ついでに、宮崎交通軽便鉄道路線を走る。

4.遺構をいくつか発見!

5.遺構のうちひとつは「戦争遺跡か?」

6.思わず野鳥をみると撮ってしまう!

7.やっぱり、いつもの場所へ

↓これは? 

00.JPG

今日は、久々に牧師さんからツーリングのお誘いがあったのですが

降水確率が高くて、お流れになった・・・そんな日です。

ツーの予定では、ピンクナンバーが多そうだったので、僕はネモ号(KDX125SR)を準備していました。

01.JPG


前回からの放置プレイの状況を確認!
(おっ、いたいた!)

02.JPG03.JPG


90%おっさん、行動中のつもりでフェニックスドライブイン(旧称)へ

・・・・

僕一人(ライダーは・・・)

・・・・

100%やん・・・

04.JPG

もう、コーヒーも飲んでやるもんかぁ!
(なんて、観光客は多かったけど、一人ではつまらないのだ)

南の方向は、台風が来ているせいでドンヨリ~
(日南は雨がふっているのでは・・・) 

05.JPG


そそくさと、ドライブインを後にして

今日は、身軽なネモ号!

多数の宮崎ケンミンも寄り付かないような道を走りますよ!

しかも、その道は

「宮崎交通軽便鉄道軌道跡地」といいます。
(なんかズゲーよね)

06.JPG

鬼の洗濯岩と呼ばれる海岸をゆっくり走ります。
昔、Fさんへ、いい加減な説明をしたので、資料をパクッてきました。

鬼の洗濯岩とは・・・ 

07.JPG

ということです。(手抜きや~)


座礁船に再接近です。
(これ以上は、怖いから~)

08.JPG


「宮崎交通軽便鉄道軌道跡地」の海岸部分をすぎて、

白浜のオートキャンプ場内に・・・

あのレンガはビンゴだねぇ

と10倍ズーム

10.JPG

この道が昔の線路だったんだなぁ~と
過去に思いを飛ばしてみる。

11.JPG


今日、最大の収穫はコレ 

13.JPG

「宮崎交通軽便鉄道軌道跡地」なのだが、

撮影の為話しかけたおばちゃんが教えてくれました。

レンガにある窪みは「B29」の砲撃跡らしい、死傷者もいっぱい出てんだって、思いがけない証言を聞くことができました。(四捨五入) 

14.JPG

ボッコ、ボコ! 

15.JPG

ココに「鵜戸神宮往還#099」って

なんだろね?

RMS-099っていえば「リック・ディアス」だが・・・ 

16.JPG


帰りの途中、野鳥がいるとついパチリ!

って、間違いなくこの行動

「廃墟ハンター」の影響だわ

18.JPG

写した野鳥も、幼稚園児でも知っていそうな鳥です。

まったく、素人丸出しですね。 

19.JPG


で、いつもの「臨海公園」

海辺に、いい感じのダートがあるので、少しだけ遊ぶのだ!

ちょびっと、無重力遊びをしたヨ

20.JPG

やっぱり、コレ

21.JPG

缶コーヒー飲んで、お疲れさまでした。

 


放置プレイ? [二流観光地]

今日は、休みでした。

天気が良いので、午後から「RX-78」を起動!

DSCF0734.JPG

実に1月以来です。エンジンが目覚めるまで、

バッテリーがモタナイかと思いましたが、なんとか起動です。

何度も記載していますが、このCBRは20年選手です。

チョークワイヤーが切れているトラブル以外は元気そのものです。

いい意味でのHONDAの設計ミスではないでしょうか?

(特にカムギアトレインがね)


 

特に目的が無い場合は「臨海公園」
「堀切峠のフェニックスドライブイン(旧称)」です。

今回は、「フェニックスドライブイン(旧称)」です。

DSCF0737.JPG

青空の下、パラグライダーをしている人が、ドライブインの頭上を飛んでいきましたヨ

なんとも、長閑ですね。


 

さて、タイトルにした「放置プレイ?」とは・・・ 

写真の中央です。

DSCF0735.JPG

 

 

? 

 

 

(10倍

 

  ズーム!) 

DSCF0736.JPG

見事に座礁したまんま

たしかにニュースで見たけど、もういいかげん経過してるヨ

いつになったら撤去するのかね~ っと思いつつ

またひとつ、マイナーな観光名所ができたと前向きにとらえておきます。



余談・・・

「フェニックスドライブイン(旧称)」は、

暇な、バイク乗りがなにげに集まるところ、

缶コーヒーを飲みながら、その場にいたトライアンフ乗り(初対面)と話をしてたら、

慎重な運転で、下記のドカが入ってきました。(ツレはベテランなT-MAX)

 

若い女性でした。推定二十歳ぐらい

久々に見たなぁ~ 若い女性のライダーは、)

DSCF0738.JPG

話しかけて、写真の許可をもらいます(バイクのね

初バイクが、ドカで、車重が250ccと変わらない、なによりスタイリングが良いって理由だそうです。

今日が、公道2回目

最近の若い女性はすごいなぁ~

・・・思い切りの良さがね。

初めは、国産の中型からスタートするのよ!は、僕の思い込みでした。

そして、僕も歳をとったのだなぁ~って感じました。

 

なんとなく、末長くドカに乗り続けてほしいと願うshindyなのでした。


 

 

 

 


「宮崎県南部の戦争遺跡巡りツーリング」 掩体壕編 [二流観光地]

住宅地の中で、違和感たっぷりな車庫が見えます。

a20070715~13.jpg

体は「掩体壕」
それも、当時の中型機以上の物だと思います。

この場所にアプローチする為の集合場所でした。
このすぐバイパス側にGSがあり、
給油したときに見つけるかなぁ?って
少なすぎる可能性も考えてみました。

さて、説明します。

説明文はココからのケッパリです。
http://miyazaki-sensokiroku.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「宮崎市/宮崎市赤江地区、本郷地区の掩体壕」

来歴
赤江飛行場が軍用となって以降、
昭和19年に爆撃機などの格納庫として建設された。
赤江地区に3基、
本郷地区(本郷北方・南方)に4基が残存するほか、
田吉に弾薬庫が2基ある。

他に赤江地区のタンポリ周辺にもこれらの残骸とみられるコンクリート塊がある。

痕跡の所在地
掩体壕1 宮崎市大字本郷北方
掩体壕2 宮崎市大字本郷北方
掩体壕3 宮崎市大字本郷南方
掩体壕4 宮崎市大字本郷南方
掩体壕5 宮崎市大字赤江
掩体壕6 宮崎市大字赤江
掩体壕7 宮崎市大字赤江

弾薬庫1 宮崎市大字田吉
弾薬庫2 宮崎市大字田吉

★付け加えると、弾薬庫はもう一つ現存しています(shindy情報)
★掩体壕2と3の境界もよく理解できん。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
更に、ココのMAPは、なかなか良いです。
http://www.kassouro.com/shelter/miyazaki.html
どんな配置図だったのかがよく判ります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

怪しいトンネルも通り抜けます。

新旧の写真で、一気に行って見ましょう!

「掩体壕2」

b20070715~11.jpg

「掩体壕3」 

c20070715~10.jpg

 3の内部

d2010072208410000.jpg

 3の内部=2=

e2010072208410001.jpg

「掩体壕4」
前半分が撤去されています。
よく見ると骨組みがむき出しの部分もあります。


ee20070715~12.jpg

「怪しいトンネル」
兵隊の幽霊伝説があったそーです。


g2010072208490000.jpg

「弾薬庫」 

h20070715~01.jpg

「廃墟ハンター」
視線の先にはなにがあるのか?


i2010072209000000.jpg 

「次、行ってみよう!」

j2010072209020000.jpg

「掩体壕 小型機用」

k20070715~06.jpg

「掩体壕 の ジェットストリームアタック!」

l2010072209120000.jpg

なんて、およそ観光地とかけ離れた観光をして、

フェニックスロード編へ~


今は無き、潜水橋 [二流観光地]

宮崎の橋「101選」にも選ばれていた。
大淀川に架かる潜水橋
http://www.hashinohi.jp/katudou/2003/101sen/syousai/65.html

牧師さんもレポしていました。(画像を拝借)
DCP_37821.jpg
確かに、四万十川を思わせる光景です。


写真の整理をしていたら・・・
(没レポだったんですが・・・)


再発見しました。

DSC06328.jpg

ちょうど、TSが停まっていた部分が

無いです。



その部分は?


DSC06329.jpg

見事に流されています。



洪水に強いとされる潜水橋ですが・・・

限度ってものがあるよーです。


梅雨の中休み [二流観光地]

天気予報では、雨だったんだけど、

朝からいい天気!

ちょっと、行ってきます。


《一ツ葉有料道路北線:南国っぽいですね》
2010062711280000_R.jpg



さて、今日の目的地は、この掩体壕の付近にある・・・
2010062712190000_R.jpg

コレ!↓
小さい隧道です。

2010062712230000_R.jpg

ごらんのように軽自動車でも進入はできません。
掩体壕が近くにあって、こんな人しか通れないようなトンネル?
誰かの影響で、すぐ地下司令部を連想してしまう(笑)

実際は、人や自転車(バイクも可)しか通れないような狭さです。
材質はコンクリ-トのレンガ? グレーの塗装が施されていて表面上は戦中の雑なコンクリートではなさそうですが・・・・

現在は、生活の一部としての存在ではあることは間違いないようです。
(周辺は住宅地ですから・・・)

以上、中途半端な「ナニコレ」でした。

 


宮崎市:清武川に架かる潜水橋2つ [二流観光地]

宮崎市の清武川に潜水橋を2つ発見してきました。

清武川とは、宮崎市の運動公園の
サンマリンスタジアム
(ジャイアンツのキャンプで有名です)
からみたらすぐ北に位置する川です。

橋そのものには、たいして特徴はありませんが一般道から離れているので探しにくい物件です。


一つ目、あいにく全体を写せる環境はありませんでした。
20100407~ 004_R.jpg


二つ目、一つ目の上流500Mぐらいかな?
20100407~ 005_R.jpg

岸が整備されているので、川岸までバイクを近づけてみます。
20100407~ 006_R.jpg

ただ、これだけなのですが・・・
とりあえず、
10個目GETだぜ!


ついでに、かねてからの懸案事項の一つ
「KDXよ焼きつくなヨ実験」をしてきました。
なんてことはありません。家の近所でのセッティングを離れて2・30kmほど走らせて安全を確認しようというものです。

僕の缶コーヒーポイント「道の駅フェニックス」
(まともなコーヒーは最近のんでません)
20100407~ 007_R.jpg
奥のゼファー(400かな?)は関係ありません。
でも久しぶりにゼファー見たなぁ~(珍走団じゃないものは・・・)


家に帰り着く直前に
バイクのコイン洗車は初体験!
いつもは、家でチマチマとやっています。
20100407~ 008_R.jpg

楽だわ・・・・


今日の収穫!
1.潜水橋2つGET!
2.KDXの調子は良い!久々に「ぬふわkm/h」を体感
3.コイン洗車は、今後利用が増えるぞ!

「落ちたら死ぬゲーム(潜水橋)」「廃橋桁」 [二流観光地]

KDXの調子を確認するためにちょっとお出かけ!

前回紹介した一ツ瀬川河口の潜水橋
20100305~ 008_R.jpg
まさに「落ちたら死ぬゲーム」っぽいでしょぉ?
※死にはしなけどすっごいダメージを受けることでしょう

満潮になりつつある状況だから、水面がかなり近い
国道も近くにあり、ものずきな人なら気楽に見物できることでしょう。


さて、その潜水橋からすぐ川上に橋桁があります。

20100305~ 009_R.jpg
これは県のHPによると(?) 大渕橋といって明治35年には既に一ツ瀬川に架かっていた橋の橋桁だそうです。この橋の上流では渡し舟が活躍していたとか・・・
昭和29年の日向大橋が完成するまで現役だったらしいですが、いつ撤去したとかの情報は見つけることができませんでした。

20100305~ 010_R.jpg
橋橋桁付近には、カモがいっぱい! 和みますねぇ~

潜水橋を渡ってみます。対岸ではなく中州に行くための橋です。
春っぽい風景があります。

20100305~ 012_R.jpg

有志によってつくられた、ラジコン飛行機用の広場みたいです。

20100305~ 013_R.jpg


あぶなくそのまま帰るところでした。
先に見た橋桁より、もっと雑に造られていて、傾いているものを発見!
20100305~ 016_R.jpg

アップでみると、戦中戦前特有の雑なコンクリートが目につきます。
石ころを投げ入れるコンクリートですが、石ころとは言えないくらい大きいものが入っています。

20100305~ 019_R.jpg

そんな廃墟と潜水橋を同時に楽しめるのはココだ!
20100305~ 020_R.jpg

※地図みれた?
写真に切り替えて、左上にスクロールすると「ファントム」が写りこんでいたりするヨ!

 


答え合わせ!


一ツ瀬川水系の潜水橋(潜水橋シリーズ) [二流観光地]



沈下橋(ちんかばし、ちんかきょう)とは河川を渡る橋の一種。地方により潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋などともいう。

1999年の高知県による調査によれば全国の一級河川及び支流には合計410ヶ所の沈下橋があり、都道府県別に見ると、高知県(69ヶ所)、大分県(68ヶ所)、徳島県(56ヶ所)、宮崎県(42ヶ所)の順で多い[1]。一級水系以外も含めると、大分県では、合計212ヶ所の沈下橋が確認されている(2007年8月6日現在)[2]。

以上、ウィキペディアからの情報でした。(http://ja.wikipedia.org



宮崎県では「潜水橋」と呼ばれているのが普通だ

今回、調査した一ツ瀬川は規模は大きいもののニ級河川の扱いだよ
と、いうことは、結構な数があるってことだね。
(大分県の212ヶ所には敵わないと思うが・・・)
ネット上を俳諧していて、一ツ瀬川水系には8つ潜水橋があることを突き止める
が、詳しい場所はよく分からず、しかし空撮地図は便利だね。
目星をつけていざ出発!



「一ツ瀬川水系」

1.佐土原下田島から一ッ瀬川中州を結ぶ潜水橋

DSC07145_R.jpg

宮崎の橋「101選」の大淀川に架かる潜水橋が流失してしまったのでその席に推薦したいのいがココ!

DSC07147_R.jpg

河口にあるので、満潮時には水位が上がる。
潜水橋としての機能を見るために大雨を期待しなくても良いからである。
ココまで河口に近いのが他にありますか?
幅の狭さがまたスリリング!



2.県道44号の一ツ瀬橋付近の中州を結ぶ潜水橋

DSC07112_R.jpg

(写真は前回の使いまわし)
ゲートされていたので唯一車で乗り入れをしなかった橋
カマボコ状が特徴



3.新富町柳瀬にかかる潜水橋

DSC07148_R.jpg

川砂利プラントに隣接されている
大体、どの潜水橋も冠水時用の通行止めの踏み切りがある

DSC07149_R.jpg



4.西都市調殿と千田を結ぶ潜水橋

DSC07151_R.jpg

田舎の風景にとけ込んでいる

DSC07153_R.jpg



5.西都市立野と千畑を結ぶ潜水橋

DSC07156_R.jpg

ココも田舎の風景にとけ込んでいる

DSC07155_R.jpg



6.速川神社への潜水橋(歩行者のみ)

20100214~ 015_R.jpg

唯一の観光スポット、初詣などで夜中も利用できる。



7.巨田神社近くの潜水橋(三財川)

20100214~ 020_R.jpg

あんまり見所は無いなぁ



8.荒武橋近くの潜水橋(三財川)

20100216~ 003.jpg

田舎を通り越してさみしすぎる



このうち、①と⑥はオススメです。


 


 


沈下橋「一ツ瀬川下流」と新田原「掩体壕」、おまけ「空の駅」 [二流観光地]

 最近、な~んか休みの多いです。 新年度に年休を残さない為の処置です。
 (贅沢いうと、夏場のほうがいいのだけど・・・)

でも、こんなときにこそストレス発散といきましょう!



今日は、KDXくん(MSA-003 ネモ)での出撃です。
(燃費とキャブレターの感じとをツーリングレベルでの相性をチェックする目的も有り)

宮崎市から、新富町方面へ行く途中に「沈下橋」があるのが見える箇所があります。
気になっていたので寄り道します。

DSC07110_R.jpg
通行止のゲートに阻まれます。
周りの目があるのでバイクでの進入は遠慮しときます。
こんな何も無いようなところで人の目があるのは、
自主的に休憩をしているドライバーさんが3人ほどいるからです。

ちょっと斜めから見ました。
長さ的には短いね。 対岸ではなく中州に行くための橋なのです。DSC07112_R.jpg

歩くとこんな感じ、真ん中が盛り上がっていて、若干カマボコ状態です。
バイクで走るとちょっとおっかないかな?
DSC07114_R.jpg

対岸はダートです。オンロードバイクを突っ込むのはちょっといやだなぁ
DSC07116_R.jpg

振り返ってみると、サボリのドライバーがチラチラと怪しい行動をとっている僕を見ているよーです。
 (自撮しているので、アヤシイよね)
DSC07117_R.jpg

ところどころに菜の花が咲いています。
節分を越えたことだし、気分は春かぁ~ いいなぁ~
DSC07118_R.jpg



沈下橋から、15分ぐらいのいつもの新田原の掩体壕です。
公園でもなんでもないのですが、ココまで乗り入れができます。
中には農具が置いてありますが、ここはおそらく国有地です。
DSC07121_R.jpg

平日ですからね。
向かい側の基地では、訓練をしています。
見かけたのは
輸送機とF15とF4
DSC07123_R.JPG

軽く自撮でココを後にします。
DSC07125_R.jpg

基地の周辺には、マニアだろうなぁ~
望遠レンズをかまえた人が、チラホラはいましたね。
DSC07126_R.jpg



地元新聞に掲載されていた「空の駅」に寄ってみました。
少し高台になっているので障害物が少なくていいですね。
この周辺にはトイレが無かったのでその点も重宝しそうです。
あと、
ミリタリーグッズなどが置いています。
が、
あまり欲しくなるよう物は無いなぁ

勝手な想像だったんですが、
ミリタリーグッズを扱うような店は、不精ヒゲを生やしたオッサンが経営していると思い込んでいましたが、若めの女性ふたりだったのでいい意味で期待を裏切られたです。

お腹は減っていなかったので
コーヒーだけ注文です。(味は缶のほうが上だ)

DSC07127_R.JPG

新富町は、県下の中ではソバが有名だったかな?
暖かくなったら、ソバアイスにチャレンジだな
に、しても
卵かけごはん(みそ汁付)200円ってどーだ?
(玉子じゃないの? ナマナマしいぞ 値段もビミョー)



あえて、苦言を
このノボリ! この萌~っとしたやつ!
個人的にはよろしくない! なんかミリタリー好きの社会的地位が下がる気がするDSC07128_R.jpg


今日の走行距離 52.7km
燃料消費量 1.9L
あれ、27Km/Lを超えちゃっているけど・・・
ガソリン噴射の設定が薄かったかなぁ~
焼きつきを起こさないかが心配になってきた・・・

次は、沈下橋がシリーズかなぁ?
宮崎県にもいっぱいあるんだけど・・・
田舎ばっかりです。

前の10件 | - 二流観光地 ブログトップ

引越作業中

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。