So-net無料ブログ作成
検索選択
2008100400.JPG

二次減速比の変更 [KDX125SR]

2012120114110000.jpg

KDX125SRを少し改良
今日は「二次減速比」に手を出します。

僕のKDX125は、既に428チェーンから
520チェーンにコンバート済み。
250ccクラスの強度にしています。
(しかし動きも重くもなる。さらにOリングチェーンなので、本来の性能よりコスパを重視していることを告白します)

いままでのスプロケットはKDX250の純正相当のものでした。
カワサキってメーカーは結構融通が利きます)

フロント13T リア45T(減速比=3.46)
コスパのshindyは、フロントのみ交換です。
(スプロケットはFの方が安いのだ)
フロント12T リア45T(減速比=3.75)
数値上では差が0.29とたいしたことななそーですが、
加速が実に気持ちいいです。
ぬわわkm/hまでキレイに加速します。(ぬわわ以上は未計測)

さらに出来るようになったな!


20111201.jpg

昔のボツネタから・・・
かなりガミラスちっくな植物です。
 


2012102802.jpg
 
NEWブーツも用意したので、本格林道ツーをしなくては!!
 

修理!  じゃないなぁ? [KDX125SR]

足元が、ON使用になったのがわかる?的な今日の作業

DSCF4382.JPG 


前回の記事で、パンクのことを挙げたが、そのパンク修理をしたわけではないのだが・・・・

結果的にパンク修理をしてしまった。


ちなみに、前回の釘が刺さっていた件
DSCF4341.JPGDSCF4343.JPG

整理しよう!

最近”ヤフオク”でKDX125SR用のホイール前後セットを落札して、新たに我が家に来たのを「C」としよう。

「A」は、もともとホイールで、現在”ネモ”に使用しているものでオフ用タイヤを履かしている。
しかし、このホイール自分でスポークの調整をして バランスが少々悪い(2006/1付近からだろう)
タイヤは「良」だが、ホイールが「どちらかというと不可」なのだ。

「B」は、予備として”ヤフオク”でゲットしていたもの、バイク通勤していたときに使用していた。
タイヤは「ドノーマルで消耗9割以上」、ホイールは「良」

「C」は、前後とも、ビードストッパーがついている(バリバリオフ志向)が、タイヤはオン用(ちぐはぐな感じ)
しかし、リアタイヤはパンクしてるし(タイヤはおまけ扱いです)
ホイールにディスクとスプロケットが付いていない欠点がある。

そこで、
3個から2個に再編成!
必要なのは「OFFセット」「ONセット」の2種類 

「Aタイヤ」OFFタイヤとして再利用
「Aホイール」 基本廃棄、ディスクとスプロケットは「Cホイール」に移植

「Bタイヤ」廃棄処分
「Bホイール」ON用ホイールに移行

「Cタイヤ」ONタイヤとして再利用
「Cホイール」OFFホイールとして「A」からパーツの供給を受けて再利用

3セット共、タイヤとホイールとは別々にしなければならないな(結構大仕事だぜぇ~)
ついでに、Cのチューブのパンク修理も行ったところです。 

「A」と「C」の見比べてみよう。
DSCF4376.JPG

「C」を分解中
DSCF4377.JPG

「C」のパンク箇所!わかるかな?
DSCF4378.JPG

「後輪はずし」の大技!
DSCF4379.JPG

「今度は前輪だ」青空PITだぜぇ~
DSCF4380.JPG

今日のところは、ONセットを作り上げたところで終了!

 


ついでに、DIOのオートチョークが不調なのでばらしてみるが・・・

DSCF4374.JPG

 

プライヤーでつくじったパーツを・・・壊した!(もうダメだ!)

知らない顔してパーツを元の場所に戻す。DSCF4375.JPG

見て見ぬフリ的な修理が完了しました。(悪化したかなぁ)


 
「いつもの場所まで、ひとっ走り」
DSCF4388.JPG

1030スタートで、夕方までかかりました。
久々の大仕事でした。


一応セッティング終了! [KDX125SR]

よーやく時間がとれました。

KDX125SRの京浜PWK28(輸入物)のセッティングデータの更新です。
この機種の定番と云われる改造のひとつです。

各車種、地域やなどで個別に異なるデータとなるのが、まぁ世の常といいますが、
参考と割り切ると、貴重な情報かと思います。

WEB上では、
PWK28(正規品)・・・エアスクリューが右側に設定されていて、左側から作業するKDXにとっては少々扱いにくいものです。
 MJ#135
 PJ#38
 エアスクリュー=2回転戻し(注)
 ニードルクリップは3段目
が、一般的なデータだと思います。(思いますってWEB上のデータだし)

そして、僕の
PWK28(輸入物)・・・ガス抜きのドレンボルトが設定されている分です。
 MJ#138
 PJ#38
 エアスクリュー=一回転半戻し
 ニードルクリップは1段目

セッティングの方法は、WEB上で検索してほしい。
 僕が参考にしているWEBサイト(1)
 僕が参考にしているWEBサイト(2)

さて、前置きが長くなりましたが、
今回(いまさらながら)気付いた点がありました。
アイドリングの調整スクリューも大事ってことです。
いままでは、アイドリングが維持できる最低の絞込みしかしていませんでしたが
少し余裕をもって少しウルサイかなってレベルにアップすると、これがいい感じになったのが不思議です。
油面もPE28のようなサービスマニュアルどおりより若干少なめいい感じのようです。
もっとも、DIYでのセッティングデータになるのでその辺には注意が必要です。

いまのところ一般公道での加速は申し分なし
海岸近くのダートでは、アクセルのレスポンスもいい(モタモタ感が無い)

後に、山で試すって段階まできたことがウレシイとです。

でもね、不安もまだある。
電極の焼け色の判断が出来ないとです。
スロットルを全閉したときになんかギクシャクします。

20100317~ 067_R.jpg
(何色よ? 石の部分はまだ新品だし・・・)




注=回天と真っ先に変換されるのが悲しい。


エンジンの調子はいかが? [KDX125SR]

いつもの悩みだけど、相変わらずKDXのキャブレターがしっくりこない。

たぶん、妥協ばっかりしているからだろう。

「KDX125」とそのキャブレター「PWK28」のキワードでアクセスしている方になかなか結果を残せていないので申し訳ないです。(でも、マネする場合は自己責任ですよ)


今日のセッティングは、
MJ#138 
PJ#42 
ニードルは上から2段目 
エアスクリューは一回転半戻し
プラグは新品

前回の新田原ブラブラツーで、白く焼けたプラグが気になって気になって・・・

だって、下手すると焼きついてバイクがオシャカって話でしょうぉ?

http://master-shindy.blog.so-net.ne.jp/2010-02-04

20100228~ 002_R.jpg
コレは、ヤバクねぇ?
(MJ#135)


結果、アクセルの反応は、出だしはOK、全開は、ぬふわkm/hをマークなのだが、その中間がダメ、ニードルが問題かぁ・・・

で、時間切れです。 


3月7日
ニードルのクリップを一番上にして、走行テスト
中間を含めおおむね良好だけど、スロットルをガバッて開けたときにエンジンがついてこれない。
海岸線のダート部分でタイトなターンをした直後や、不用意な発進をしたときとか
この現象は失速か?もたつきか? プラグは白っぽい。普通は、まだ薄いと考えるわけだが・・・ 

あっそうだブタ鼻を復活させてみるか?
それともPJ#42⇒#38か?

まだまだ、考えることがいっぱいです。


これでファイナル?KDXセッティング [KDX125SR]

キャブレターの油面調整以来続いている。セッティングもイヨイヨ

納得のいく仕上げとなってきました。

PJを#42から#38に変更することで、いままでの悩みが解消された感じです。

写真は、PJ#38に交換している様子》
2009070501.jpg

いつもの公園まで、(と、言ってもマリーナサイド)走らせました。

下から、上まで、街乗りでも、信号ダッシュも、

なにも、問題を感じませんでした。(エアスクリューは一回転半戻し)

《例の公園で休憩中》
2009070502.JPG

あとは、林道で実験するだけ。

7日? 23日? 24日?

それとも、D604を装備して、簡易モタードとして活躍させるのも悪くない。

いろいろ選択肢はあるけど、

実際のところ、二児の父親としての職務もいろいろ大変なのです。

 

 


きまぐれ、セッティング? [KDX125SR]

すでに、キャブ関係は《妥協済》ってことにしてあったのですが、

きまぐれに、

油面をちょい下げ(目見当10mmぐらい)

エアスクリュー、一回転半から少し空けぎみ

で、今日は落ち着いたよーです?

ぬわわkm/hは軽くでるけど、それ以上はブレーキに問題があってコワイ!

マイルドな乗り味は程遠いKDXになってしまったなぁ?

 


まだ、セッティング中 [KDX125SR]

今週もキャブセッティングの続きです。

今回はMJ(メインジェット)を#135へ
よーするに振り出しに戻ってきた感がある。
エンジンが熱まってきてからは、なかなか好調である。
気になる焼具合は?

<上段は今回の焼け>
2008113001.JPG

<下段は前回の焼け>
2008112240.JPG

おぉ! 安全圏内かなぁ?

のどかな午後 [KDX125SR]

午後から時間ができたので、小一時間ほど<KDX125SR>で駆けてみる。
主目的は『キャブレターの確認作業』です。

なんとなく、バイクを駆らせて缶コーヒーなど一服して帰ってくる場所って
ありませんか?
僕にとっては、<臨海公園>がここ数年のスポットになっています。
2008112210.JPG

真冬並みと言われる寒気が緩み、
風もなく暖かな日差しで、芝生の上でゴロンとなりたいような衝動が沸いてくる?
ビーチでも散歩をしている人がチラホラと・・・
2008112220.JPG

なんとなく、フェニックス飛行機と太陽をパチリ!
ん~のどか~
4時前なので、陽もずいぶん傾いています。
冬ですねぇ~ (陽気は考えられないほど暖かいが・・・)
2008112230.JPG

帰宅後『プラグの焼け具合チェック!』
2008112240.JPG
こ、これは!
ネズミ色か? 白色か? 茶色でいいのか?
なんとなく《焼けすぎ》にも見えなくはない。

もう少し《濃く》してみるとしよう。

キャブレターの調整 [KDX125SR]

よーやく、重い腰をあげ、KDX125SRのキャブ<PWK28>をバラしました。
(純正は<PE28>)

手順は、<分解⇔組立⇔試乗>の繰り返し・・・セッティングとも言う!
試乗をしたらまず<プラグの焼け>をチェックする。
2008110710.JPG
焼付きが怖いので、白やキツネ色まではしないでおく。
こんな、コゲ茶色で良しとしましょう。
真鋳色のパーツは<MJ(メインジェット)>
元々#135⇒#132でいい感じ!

クリップ位置も試行錯誤してみる。
2008110730.JPG
元々3段目⇒1段目⇒2段目⇒3段目で落ち着く!(振り出しに戻る)

計4回、こんな風にバラしました。
2008110740.JPG
時間さえあれば、結構楽しい?

さて、油面調整直後は、全域にわたり「ボコつく感じ(混合気が濃い)」
セッティング後は、40km/h~60km/hでもたつきがあるけど、
「ボコつき」が無くなったし、レースに出るわけじゃないのでヨシとしましょう。

11月16日=追記=
基本的には<濃い>と思っていたセッティング
中速域のセッティングの要は、ニードルにある。もたつきってことは<薄い>ってこと?
それでもって、クリップの4段目すると⇒ビンゴ!
全域がトルクフル! PWK28最高!

おまけ
車載カメラ改良型(銃身にも取り付けできる。)
2008110760.JPG
壊れていたのではなく、安物電池との相性が悪かったみたいです。


<KDX125SR>退院 [KDX125SR]

エンジンが、異音を発するようになってカワサキ屋さん>に修理に出していたのが

帰ってきました。

ついでに、「エンジンオイル漏れの修理」「キャブの油面調整」

お願いしました。

が、

ついでにお願いした部分が災いしました。

これ、
20050922.JPG
キャブレター ケイヒン<PWK28輸入モノ>

また、奥の深~い、キャブセッティング決定!!

社外品の調整なので、あくまでも僕の自己責任です。


なにが悲しいかって

しばらく林道ツーリングがお預けになったってことです。


引越作業中

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。